まんこ ピンク

まんこをピンク色にしたい!ある日あそこを見てびっくり

まんこの色をピンクにしたい!あそこをピンク色にする方法を紹介!!

 

ある日お風呂でなんとなくまんこを見てみたら、あまりにも黒ずんでいてびっくりしました。

 

周りの皮膚と全然違ってどす黒く色素沈着しています。
どうしようと思いました。

 

そこでネットでまんこの黒ずみの原因や、どうやって元の色に戻すことができるが一生懸命調べました。

 

その過程でわかったまんこが黒ずんでしまう原因、どんな解消方法があるのか、効果のない解消方法について書いていきたいと思います。

 

まんこが黒ずむ原因

まんこピンク

ナプキンやショーツなどの刺激

まず一つ目に考えられるのがナプキンショーツなどの刺激。ショーツを履いて生理中にはナプキンを当てます。
その時にデリケートゾーンとナプキンはショーツは擦れて刺激になってしまいます。

 

皮膚には刺激が加わると防御反応としてメラニン色素が放出されて、色が黒くなるという特徴があります。

 

ショーツやナプキンなどと残すれは些細なものですが、毎日積み重なって10年20年とたつとだんだんと色素沈着が起こってしまいます。

 

日常動作での摩擦

もう一つの原因に摩擦があります。
歩いたり自転車に乗ったり走ったりするとデリケートゾーンが擦れます。
この擦れも実はメラニン色素作り黒ずむ原因になります。

 

太っている方が太もものところにまたずれができてしまったり、ランニングをしている方に太ももの付け根に黒ずみが出来たりするのはよく知られています。
デリケートゾーンでも同じようなことが起こります。

 

ホルモンバランスの変化

重要な原因にホルモンバランスの変化があります。
赤ちゃんや子供の頃は女性ホルモンが出ていません。
しかし10代になって女性ホルモンの分泌が始まって20代にかけて少しずつ増えていきます。

 

30代になると出産などを経験してエストロゲンや黄体ホルモンが沢山出ます。

 

実はこの黄体ホルモンには、メラニン色素沈着させてしまう特徴があり、赤ちゃんにおっぱいを与える時に赤ちゃんの口が当たる乳首のところや、赤ちゃんを産むデリケートゾーンの小陰唇にメラニン色素が産まれて黒ずみが起こります。

まんこピンク色にする方法

先ほど紹介したようにまんこの黒ずみはメラニンという色素沈着が原因で起こります。

これは大きく分けると4つの原因で起こります。

 

下着やナプキンで摩擦される
皮膚が乾燥する
ムダ毛を自己処理している
間違った洗い方をしている

 

つまりデリケートゾーンの黒ずみを解消するためには、美白・保湿・炎症を抑えるという3つのポイントが大切だということがわかります。

 

1つ目は美容皮膚科に行って治療を受けること
2つ目は美白クリームで改善することです。

美容皮膚科でピンクにする

まず美容皮膚科や美容外科に行って黒ずみを解消する方法ですが、
医療機関ではハイドロキノンと言う脱色剤を使った治療や、
ピーリングという肌を削ぎ落とす方法、
そしてレーザーで黒ずみを解消するレーザー治療などが受けられます。

 

それぞれ簡単に解説したいと思います。

 

塗り薬を使う

まんこピンク

 

まずハイドロキノンというクリームを使う方法ですが、
ハイドロキノンは逆に最も効果がある成分の一つでできてしまっている黒ずみを
脱色してくれる効果、メラニンを抑えてくれるという2つの効果があります。

 

このクリームは美容皮膚科に行くと処方してもらうことができます。効果が高い分副作用にも注意が必要です。

 

ケミカルピーリング

まんこピンク
ケミカルピーリングという方法ですがこれは酸性の液、ピーリング剤を使って肌の表面のいらない部分を落とす方法で、黒ずみを落とします。

 

皮膚科で処方されるピーリング剤を使ってまんこの表面を取ることでピンク色にしていきます。

 

レーザー治療

まんこピンク

 

レーザーでまんこをピンクにすることができます。レーザーは黒ずみの原因となるメラニンの色素を光で破壊します。
破壊されたメラニンは数ヶ月経って少しずつ剥がれ落ちていきます。
この方法は費用はかかってしまいますが、効果的な方法です。

 

美白クリームを使う方法

まんこの色をピンクにしたい!あそこをピンク色にする方法を紹介!!

美白クリームは誰でも簡単に購入して家で塗ることで、まんこの色を元のピンク色に戻して行くことができます。

 

美白成分で有名なもの

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • トラネキサム酸
  • プラセンタ
  • カモミラエキス
  • コウジ酸アルブチン

 

肌を保湿する成分

  • グリセリン
  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • ヘパリン類似物

 

炎症抑える成分

  • グリチルリチン酸
  • オウゴンエキス
  • カミツレエキス
  • サクラ葉抽出エキス
  • シアバター

 

 

その1.美白するための成分

美白成分には厚生省が美白効果があるとして認定している医薬部外品指定成分とそうでないメーカーが独自に作り上げた成分があります。

 

黒ずみの美白成分は人によって合う合わないがあるので、一概にどれが効果的ということはできませんが、一番初めに試した方が良いのはやはり医薬部外品に指定されている美白成分です。

 

その2.保湿する成分について

肌を保湿することも黒ずみ解消には大切です。
一番効果が高いのはセラミドやステアリン酸コレステロール、スフィンゴ脂質などの成分。次に効果が高いのはヒアルロン酸やコラーゲン、ヘパリン類似物などの成分。グリセリンなども効果があります。

 

その3.炎症を抑える成分

炎症抑える成分は摩擦・こすれなどの肌荒れを抑えて肌をしずめてくれるものです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムが一番使われています。
それ以外にオタネニンジンカミツレエキスも効果が高いです。

 

美白クリームがまんこピンクにする仕組み

以下では美白クリームがまんこの色をピンク色にしていく仕組みを紹介します。

 

まんこの色をピンクにしたい!あそこをピンク色にする方法を紹介!!

 

まんこの黒ずみは下着との擦れ、歩いているときの摩擦、年齢ホルモンでの新陳代謝の低下などが原因で、肌の生まれ変わりが遅くなっています

 

その肌に新陳代謝を活発にしてくれる成分やメラニンの生成を抑えてくれる成分、そして肌を守る肌荒れ防止成分などが入っている美白クリームを塗ることで、肌の生まれ変わりを活発にします。

 

まんこの色をピンクにしたい!あそこをピンク色にする方法を紹介!!

 

トラネキサム酸などの美白成分は黒ずみをサポートしてくれるので、新たに作られる皮膚はメラニンが少なく、元の皮膚の色に近づいていきます

デリケートゾーン石鹸

まんこの色をピンクにしたい!あそこをピンク色にする方法を紹介!!

 

そしてデリケートゾーンの石鹸は黒ずみに効果があるといわれています。
確かにデリケートゾーン石鹸には黒ずみを解消する成分が含まれているものもあります。
ですが、考えてみるとお風呂場で石鹸でケアをしている時間はたった数分です。

 

その後すぐ水に出たら洗い流してしまいます。
そのため成分が浸透する時間がなく、黒ずみほとんど解消しません
そのためなかなか効果を実感することは難しいです。

 

やはり黒ずみを解消するためには、黒ずみを解消できる美白成分が入っていて、皮膚にしっかり浸透させることができる美白クリームが一番早くて効果的なのですね。

 

効果があるおすすめのクリーム

 

以上で効果のあるクリームを選ぶポイントを紹介しましたが、
正直美白クリームはたくさんあって一つ一つチェックするのが大変です。

 

中には効果がないものも含まれていますので見分けるのが大変です。

 

そこで色々な美白クリームをチェックし、効果のある成分入っているものをピックアップしました。

 

選んだポイントは

美白成分が医薬部外品に指定されていること
保湿成分や抗炎症成分が入っていること
値段が高すぎず続けやすいもの
実際に効果を感じている方が多くて人気が高いもの

の4つです。

 

まんこの黒ずみ解消クリームランキング

イビサクリーム

まんこピンク

 

イビサクリームには厚生省が認める美白成分であるトラネキサム酸が配合されています。
これはまんこが黒ずんでしまう原因になるメラニンを沈着させたりしないようにする
いわば、黒ずみを予防してくれる成分

 

まんこピンク
トラネキサム酸

 

イビサクリームで予防し続けることで、だんだんまんこをピンク色にすることができます。

 

炎症成分で解決

イビサクリームにはグリチルリチン酸が入っていますので肌の刺激や摩擦の炎症を抑えることができます。
そして保湿成分もしっかり入っていますので安心してください。

 

コスパがよい

イビサクリームの価格は1か月4970円、ちゃんとした成分入っている美白クリームの中では一番安いものです。
その上配合されている量も35gととても多くたっぷり塗ることでピンク色に早く解消できます。

 

成分がきちんと入っていて効果を実感されている女性が多く、
価格も安いことからまんこをピンク色にするのに一番使われている黒ずみクリームになります。

 

価格

美白成分

定期コースの継続約束・返金保証

定期コース4,970円

単品購入 7,000円

トラネキサム酸

(医薬部外品)

2回(3回目以降解約可能)

28日間の返金保証

 

配合されている成分

トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K、シロキクラゲ多糖体、ローズ水、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、乳酸ナトリウム液、サクラ葉抽出液、オウゴンエキス、カモミラエキス(1)、ダイズエキス

 

イビサクリームの体験レビュー

 

薬用イビサクリームの公式サイト

 

 

ヴィエルホワイト

まんこピンク

 

美白成分

ヴィエルホワイトは人気のイビサクリームと同じ成分が配合されています。
トラネキサム酸とグリチルリチン酸が配合されているということですね。

 

違いはそれ以外の保湿成分や天然成分、そしてイビサクリームはクリームタイプであるのに対してヴィエルホワイトは化粧水というタイプだという点です。

 

2番になっている理由とは

2番になっている理由は、定期コースで購入した場合に最低購入回数が4回になってしまうためです。
定期コースの場合は4ヶ月しないと解約できないんですね。
また、量も35gのイビサクリームより5g少ないです。

 

価格

美白成分

定期コースの継続約束・返金保証

定期コース4,770円

単品購入 9,960円

トラネキサム酸

(医薬部外品)

4回(5回目以降解約可能)

120日間の返金保証

 

配合されている成分

トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na2、油溶性カンゾウエキス、水溶性コラーゲン4など

 

ヴィエルホワイトの公式サイト

 

 

 

ホワイトラグジュアリー

まんこピンク

 

美白成分

ホワイトラグジュアリーは上の2つと違って美白成分にトラネキサム酸ではなくてビタミンc誘導体が使われています。

 

こちらも医薬部外品に指定されていますので効果があります。
そしてグリチルリチン酸という抗炎症成分をしっかり配合しています。

 

イビサクリームやヴィエルホワイトとの違いは、細かい成分や値段や定期コースです。

 

違いは?

ホワイトラグジュアリーの価格は1ヶ月目の価格が定期コースの場合5980円です。
ホワイトラグジュアリーの値段は高めですが、何回もリピートすると安くなる価格設定になっています。
4回以上、8回以上などの何度も買うごとに値段が安くなっていき、最初は高いです。

 

価格

美白成分

定期コースの継続約束・返金保証

定期コース5,980円

単品購入 9,980円

トラネキサム酸

(医薬部外品)

3回(4回目以降解約可能)

90日間の返金保証

 

配合されている成分

ビタミンCテトラヘキシルデカン酸・グリチルリチン酸2K、ビタミンC・Na、ビタミンCリン酸Mg、水溶性プラセンタ、ヒアルロン酸Na2、水溶性コラーゲン4、桑エキス、天然ビタミンE、アロエエキス、カッコンエキス、クロレラエキス、人参エキス、オウバクエキス

 

ホワイトラグジュアリーの公式サイト

 

3位までの黒ずみケアクリームを徹底比較

※クリック・タップで大きくなります

陰部の黒ずみクリーム

 

グラフで性能を確認

陰部の黒ずみクリーム

 

4ヶ月間使用した場合の合計費用の比較

陰部の黒ずみクリーム

イビサクリームのポイント

イビサクリームは黒ずみがケアしやすいように最大限配慮しています。

 

陰部用とわからないデザインのチューブで作っていたり、ケア方法も簡単で1日2回塗るだけで良いです。

 

そして返金保証にも対応していて、28日間のうちでトラブルが起こったら、返金保証をしてくれます。

 

そして値段的なところも大切
黒ずみケアは長い時間がかかるので負担がきつくなりすぎないように定期コースをとても安く設定してくれています。

 

そして他のクリームを使いたくなった時、解約したい時などもあると思いますが、定期コースの最低購入回数は2回に設定されていて3ヶ月目から解約もできます。

 

ケアすればもっときれいになる

 

まんこの黒ずみはすぐに解消できるものではありません。
黒ずみ解消クリームを使っても目に見えて色が元に戻っていくというわけでなく、少しずつ変化していく感じです。

 

また美容皮膚科などに行っても即効性のある方法はなく、レーザー治療など3ヶ月4ヶ月はかかります。

 

ですがだから時間がかかると思って諦めてしまうととてももったいないです。

 

何もしないでいるとホルモンバランスや摩擦や刺激で黒ずみが悪化してしまうことも考えられますし、放置しておいてきれいになることはありません。

 

デリケートゾーンはきれいにすることができます。

 

まんこの皮膚も顔と同じ、毎日黒ずみクリームを使って毎日ケアを続け、摩擦の少ない下着に変えるなどしていけば、3か月・6か月今よりきれいにすることができます。

 

 

薬用イビサクリームでデリケートゾーンの色をケアする